クリスマスのテーマとしては・・

おはようございます。
今週の木曜日で会社はお休み、年末年始休暇に入ります。
14日までの7連休です。
2930日はお客様の納会があるのですが、それでも5日は完全にフリー。
ここのところ週末を使ってあつめた文献の整理とそれに対する考察を進めていく・・「大学院浪人研究」に費やすことにしましょう。
来年度は法政大学大学院の史学専攻で、横浜市立大学で叶わなかった「歴史をしっかりと勉強する」ことになります。
もちろん、横市の学際的な教育(研究)方針はy21にとってとても良い経験となりました。
苦手な古文書読解にもしっかり取組める(鍛えられる)のではないかと思います。
そのような大学院生活の前、この「浪人期間」中に自身の研究テーマをしっかりと進めておいて、修士論文は余裕をもって仕上げたいと考えています。
イメージ的には仮に4章編成とした場合、その内2章分は入学前に粗稿くらいまで終えておきたいところです。
業務との関係を考えると、そのくらい先行しておく必要がありそうです。
 
クリスマスにしては無粋なテーマとなりました。
まぁ、自分らしくていいかな?
と・・