「まちづくり論特講5」→「社内研修」

おはようございます。
昨日は「まちづくり論特講5」→「社内研修」とバタバタと忙しい一日でした。
「まちづくり論特講5」はフィールドワーク。横浜市中区本郷3丁目の町内会の方から住宅密集地の防災について教えていただきました。住みよいまち協議会の取組が主な内容でしたが、講義のあとのフィールドワークで面白いもの(こと)に出会いました。
イメージ 1
本郷町ガス山公園にそれはありました。
「ガス山」という名前は、この地にあった横浜市瓦斯局の施設があったことに由来しています。この煉瓦製の構造物は関東大震災以前のものと考えられているとのことなので、大正11年に横浜市瓦斯局の本牧出張所が設置されて早々に建てられたことになります。この「ガス山公園」は防災後援としての整備が進みましたが、公園内にはこのようなものもありました。
イメージ 2
「かまどベンチ」というそうです。公園のベンチが災害時の一時(いっとき)避難場でかまどとして使用できます。
炎天下、そして出勤スタイルでのフィールドワークはかなりバテましたが、良い経験ではありました。12時終了・・急いで会社に向かいました。
今日は、これから市大図書館。週末ルーティンです。昨日の午後、浜松から母が来ました。図書館から戻ったら、昨年末に叶わなかった「真葛焼ミュージアム」へ案内する予定です。その後、府中の森芸術劇場で「東京六大学応援団連盟合同演奏会」です。